スポンサーリンク

献血のメリット|血液検査結果を定期的にチェックしながら社会貢献する方法

献血カード ハック・ナレッジ
スポンサーリンク

年に1度の定期健康診断の結果、コレステロール値が高かったので、現在、食生活と運動習慣を改善中です

コレステロール値の改善状況を知るには、定期的に病院に通院し、血液検査を行う方法があります

でも、もっと良い方法がありました

それが「献血」です

献血をすれば、無料で血液検査の結果を確認できますよ

さらに、社会貢献もできます!

ということで、献血に行ってきました!

血液検査の結果をWebでみれるなど、ひと昔前と比べ、とても便利になっています

ということで、今回は、献血に興味のある方向けに、献血の場所の探し方や血液検査結果の見方まで、紹介していこうと思います

それでは、さっそく確認していきましょう

スポンサーリンク

日本赤十字社サイトから献血ルームを検索

献血の場所は、日本赤十字社のサイトから最寄りの献血ルームを探すことができます

事前に電話で予約すると、当日、スムーズに献血を行うことができます

献血について|日本赤十字社
病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、日本赤十字社では、16~69歳までの健康な方に献血のご協力をお願いしています。

複数回献血倶楽部『ラブラッド』

学生の時に一度献血を行ったことはありますが、その時はデータの閲覧サービスなどはありませんでした

現在は、複数回献血クラブラブラッド』というサイトからログインすることで、過去の血液検査記録や次回の献血予約が行えるため、とても便利です

ログインは、献血カードに記載されている献血コードが必要です

献血カードは、初めて献血を行う際に発行されます

献血Web会員サービス「ラブラッド」|日本赤十字社
献血記録の確認、献血の予約がウェブで可能、ポイントもたまる「ラブラッド」。お手持ちの献血カードがあればすぐにご登録いただけます。

ログイン後の『マイページ』は、こんな感じでした

次回の献血可能日までの残日数が表示されます

400mlの全血献血の場合、献血後から約3か月間空ける必要があります

血液検査の結果確認

血液検査の記録はこんな感じです

過去3回分が時系列で表示されます。赤い文字は、基準から外れている項目です

やはり、コレステロールの値がよくないですね

詳細を開くと、こんな感じです

基準値のボーダーに対して、自分の結果の位置づけを確認できます

また、この値が上昇する理由や引き起こされる病気について教えてくれます

引き続き、食生活と運動不足を改善しつつ、社会貢献と定期的な自己チェックを目的として、献血を行ってみようと思います

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました

コメント