スポンサーリンク

HHKBキーボード|文字が複数連続入力される事象「チャタリング」発生【原因と解決方法】

雑貨・ガジェット
スポンサーリンク

こんばんは。つーです。

先週あたりからHHKB HYBRIDキーボードが暴走する事象が発生しています。

現在は、対策を行ったので監視中です。

どのように暴走したのかというと、例えば「あ」を入力した時に、「ああああああああ」と「あ」を連続でタイプし続けます。

また、この羅列された「あ」を消すために、deleteキーを押すと、今度は書いた文章を延々とdeleteし続ける始末・・・

たちの悪い事象ですよね

先週初めてこの事象に遭遇した際に、電池を交換してみたところ一旦は解消されたので、電池が原因だと思いこんでいたのですが、今日も暴走してしまいました。

Happy Hacking Keyboardのよくあるご質問」で調べてみたところ、「これだ!」という事象とその原因、対策を見つけました。

ということで、今回は、この原因と対策を備忘録として残そうと思います。私と同様の事象に悩まれている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

チャタリング|文字が連続複数入力される事象

今回の事象ですが、文字が連続して複数入力される事象のことを「チャタリング」と呼ぶようです。

文字が連続して複数入力される現象(チャタリング)が発生する(BT/HYBRID/Type-S)

Happy Hacking Keyboard よくあるご質問

発生した事象をググって調査したいものの、このワードを知らず苦労しました

チャタリングの原因は「電池残量」か「Bluetooth接続不具合」

私のMacでチャタリングが発生した原因は、1つ目の「電池残量が少ない」では解消されなかったので、2つ目の「ひとつのパソコンに複数のBluetooth機器を接続」という部分のようです。

  1. 電池残量が少ないとBluetooth接続に失敗する・チャタリングが起きる等の不具合が発生することがございます
  2. ひとつのパソコンに複数のBluetooth機器が接続されていると、機器同士の干渉が発生し、キーボードの場合であればキーが反応しない・チャタリングが起きる等の不具合が発生することがございます
Happy Hacking Keyboard よくあるご質問

私は、Macに「HHKB HYBRID Type-S」と「Logcool MX Ergo」をBluetoothで接続しています。

さらに、ノイズキャンセリングイヤホン「Marshall Motif A.N.C」を接続することもあるので、ビンゴかもしれません。

単一デバイスにBluetoothを集中するのは、良くないんですね

Bluetooth接続不具合の解消方法

マウスの接続をBluetooth接続からUSBアダプタ経由にすることで症状が改善した事例があるようです。

USBアダプタ付きのBluetoothマウスの場合、通信をUSBアダプタ経由に切り替えることで症状が改善した事例があります

Happy Hacking Keyboard よくあるご質問

私が愛用しているLogicoolのマウスは、Bluetooth接続だけでなく「USB UNIFYINGレシーバー」を使った接続方式があるので、これを使用することにしました。

HHKB HYBRIDは、Bluetooth接続ができるので、使いみちがないと思っていた「UNIFYINGレシーバー」が意外なところで登場!

マウスの通信をUSBアダプタ経由に切り替え

以下のステップを実行し、Logicoolマウスは「USB UNIFYINGレシーバー」に変更して接続しました。

Bluetooth接続不具合の解消手順
  1. HHKBキーボード以外のBluetooth接続機器の接続を全てOFF
  2. ペアリングを全て削除
  3. PCの再起動
  4. 必要な機器のみ接続

ちなみに、LogicoolのUnifyingレシーバーは、無くしてしまっても購入できます。

まとめ

チャタリングの原因が「電池消耗」か「Bluetooth接続の干渉」であれば、対策は簡単ですね。

単一デバイスにBluetoothの接続が集中している場合は、他の接続方法に切り替えてみると良いようです。

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました。

HHKBキーボードの電池消耗対策は、こちらの記事「HHKB HYBRIDのBluetooth接続におすすめの充電池」がおすすめです。

HHKB HYBRIDキーボードの魅力について記載したこちら「REALFORCEからHHKB HYBRIDに乗り換えた理由【比較レビュー】」も人気です。

HHKB HYBRIDに乗り換えた理由

コメント