スポンサーリンク

HHKB HYBRID|生涯使える最高級キーボード!超おすすめ【比較レビュー】

人気記事
スポンサーリンク

キーボードの中でも最高級品で高価格帯に位置づけられる「Happy Hacking Keyboard Professional

私もついに「HHKB Professional HYBRID Type-S」を購入しました。

同じく高価格帯の「東プレ REALFORCE SA R2」も愛用中ですが、なぜHHKBを購入したのか、今回は、両者を比較しながら紹介していこうと思います。

私と同じように、ハイエンドキーボードの「HHKB」や「REALFORCE」に興味のある方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

REALFORCEからHHKB HYBRIDに乗り換えた理由

東プレのREALFORCEは、見た目のマットな質感や「コトコト」「スコスコ」といったタクタイル感が気持ちよくて、とても気に入っています。

当時はワイヤレスのバージョンがなかったため、有線接続の『REALFORCE R2』を購入しました。当時のレビューは、こちら「REALFORCE R2 レビュー|タクタイル感が最高のキーボード【おすすめ】」です。

今回、新たにHHKBキーボードを購入しようと思った理由は、デスク周りが配線でごちゃごちゃしているのが気になったことや社給PCやプライベートPC、iPadなどのデバイスとBluetoothで簡単に接続を切り替えられたらと思ったことがきっかけです。

今は、リアルフォースもワイヤレス対応の「REALFORCE R3」が販売中のため、この商品も候補として検討しましたが、同価格帯ならHHKBも使ってみたいという好奇心と「HHKB Professional HYBRID Type-S」は、「REALFORCE」よりもコンパクトで軽く、持ち運びの面でメリットがあると考え、HHKBキーボードを購入することにしました。

HHKB Professional HYBRID Type-Sの評価レビュー

開封の儀|パッケージ

黒いパッケージにシルバーで「HHKB Professional HYBRID」と記載されていますが、その背面にさらに、黒字でHYBRIDと記載されており、とてもかっこいいデザインです。

HHKB Professional HYBRIDのパッケージ
HHKB Professional HYBRIDのパッケージ

開封の儀|内容物

内容物としては以下のものが入っていました。

  • HKKB Professional HYBRID(日本語配列)本体
  • 単3形乾電池×2
  • 取扱説明書(紙)
  • 安全上のご注意(紙)
  • Macでキーボード設定アシスタントを設定する場合の注意事項
HHKB Professional HYBRIDの同梱物
HHKB Professional HYBRIDの同梱物

取扱説明書は、「Bluetoothのペアリング設定」や「キーボードを接続する機器の変更方法」、「キーボードのキーの割り当ての変更方法」など重要な内容が記載されているので、必要に応じて確認ができるように管理します。

HHKB HYBRIDの外観レビュー

HHKBキーボードは、無駄なキーをごっそりと削ぎ落としたコンパクトなボディで人気です。

HHKBとREALFORCEの外観の違いを確認してみましょう。

HHKBとREALFORCEの外観比較

「REALFORCE R2」と「HHKB HYBRID Type-S」の外観を比較してみると、「REALFORCE R2」は重厚感・存在感があってカッコいい。

一方「HHKB HYBRID Type-S」は、ひとまわり小ぶりで、スリムで美しいといった感じです。

HHKB Professional HYBRIDとREALFORCEの比較
HHKB Professional HYBRIDとREALFORCEの比較

HHKB HYBRIDをiPad mini6の前にセッティングしてみました。キーボードの横幅がスリムなのでマウスもセッティングしてみました。

iPad mini6とHHKB HYBRIDとLogicoolマウス
iPad mini6とHHKB HYBRIDとLogicoolマウス

HHKBの佇まい、とても洗練されていますね

HHKB HYBRIDのタイピング評価

キーボードは、タイピングのしやすさが最も重要だと思います。

キーボードの高さを3段階で調整できる

キーボードの裏面に2段階の高さのツメが収納されているので、低(なにもしない)、中のツメ、高のツメと3段階の高さ調整ができます。私は低のまま使っています。

HHKB Professional HYBRIDの高さ調節
HHKB Professional HYBRIDの高さ調節

HHKBとREALFORCEのキー配置の違い

HHKBは、無駄なキーを削ぎ落とすことで、スリムでコンパクトなボディを実現していますが、REALFORCEと比べると、キーの数や配置が変わるため、タイピングにおいては、この影響を最も懸念していました。

この観点で、初めて使った際に感じた違和感は、ControlキーとShiftキーのポジションです。

Controlは、全選択やコピー、カット、ペースト、保存など、ショートカットキーとして多用します。また、Shiftキーも、文字やファイルなどの対象を複数範囲選択するなどで多用します。

これらの配置がREALFORCEとHHKBでは上下が逆転しているため、使いづらいと感じました。

以下は、REALFORCE R2のCtrl周りのキー配置です。REALFORCEのCtrlは、SHIFT下に位置しています。社給PCのLet’s noteやプライベートで使用している「Microsoft Surface」も同様の配置です。

REALFORCEのControlとShiftキーの配置
REALFORCEのControlとShiftキーの配置

以下は、HHKBキーボードです。Controlキーは、Shiftキーの上に位置しています。

HHKB Professional HYBRIDのControlとShiftキーの配置
HHKB Professional HYBRIDのControlとShiftキーの配置

この問題は、HHKBに具備されている設定モードの切り替えによって一瞬で解決できました。

DIPスイッチでキー配置をカスタマイズできる

キーボードの背面に備えられている6つのスイッチのON/OFFによって、キーの配置を切り替え可能です。説明書を確認するとスイッチ2をONにすれば従来と同様のキー配置になることがわかりました。

HHKB Professional HYBRIDの設定モードの切替
HHKB Professional HYBRIDの設定モードの切替

キーボード裏面のスイッチとは、こんな感じです。工場出荷時は、全てのスイッチがオフの状態なので、該当のスイッチ2だけを上にあげることであっさりと改善しました。素晴らしい!

HHKB Professional HYBRIDのDIPスイッチ
HHKB Professional HYBRIDのDIPスイッチ

追記:HHKBキーボードを購入した当時は、上記のような印象でしたが、現在ではすっかり考え方が変わり、Controlキーをオリジナルのポジションに戻して使っています。

その理由は、以下の記事に記載していますので、気になる方は参考ください。

その他、キーの配置で気になったところは、Caps Lockがないということでしたが、【Fn】+【Tab】キーで”Caps Lock”の働きをするのでこちらもすぐに問題解決できました。

その他は、今のところ特に気になるところはありません。

"Caps Lock" を有効にするにはどうすればよいですか。 | Happy Hacking Keyboard よくあるご質問
キーボード底面のDIPスイッチで、設定したモードにより動作が異なります。 【HHKモード】 "Caps Lock"の機能はありません。   【Lite拡張モード、Macモード】 【F

キーマップ変更ツールでキー配置をカスタマイズできる

DIPスイッチは、物理的なスイッチでキーの配置を変更する方法ですが、HHKBはさらに自由度の高いキー配置のカスタマイズが可能です。

私は、Windowsのアプリケーションキーがどうしても欲しくて、HHKBが提供する「キーマップ変更ツール」を使って割り当てました。

興味のある方は、こちらの記事「HHKBキーボード|Windowsアプリケーションキーをキーマップ変更ツールで割り当てる方法」を参考ください。

静電容量無接点方式

キーの仕様は、HHKBもREALFORCE R2と同様に「静電容量無接点方式」です。

HHKBも静かで気持ちの良い打鍵感ですよ

一般的なキーボードは、電極端子を押しつけ、接触させることによって(有接点で)スイッチングしますが、静電容量無接点方式は円錐スプリングを押し下げることで発生する「電荷の容量値変化」によって(無接点で)スイッチングする方式です。

この方式は、接点がないためチャタリングが発生せず、耐久性にも優れています。また、押下圧を45gとし、長時間の使用でも疲れにくい、軽く爽快なタッチを実現しています。

HHKB HYBRIDのBluetooth接続とデバイス切替

キーボードとデバイスの接続は、特に手こずることなくあっさりと接続できました。

また、数時間使い続けても有線接続のキーボードと何ら変わらず使用できたのでこの点は全く問題ありません。

また、Fnキーを押しながらControlキーを押し、さらにペアリング時に設定した数字キーを押すことで、キーボードを使用するデバイスを簡単に切り替えることができます。

社給PC、プライベートPC、タブレットと複数台を割り当て切り替えを行っていますが、とても便利です。

HHKB HYBRIDを購入した正直な感想

HHKB Professional HYBRID Type-S 日本語配列/墨」を購入して大満足です!

HHKB HYBRIDのおすすめポイントをまとめておきます。

HHKB HYBRIDキーボードのGood Point
  • コンパクト・スリムなボディが美しい
  • キーのカスタマイズができる(DIPスイッチ、キーマップ変更ツール)
  • 静電容量無接点方式なので、タイピング音が静かで打鍵が心地よい
  • ショートカットキーでBluetoothの接続デバイスを簡単に切り替えられる
  • 追記:HHKBファンが多く周辺アクセサリーが充実していて楽しい

今後も評価を随時、アップデートしていきます。

ハイエンドキーボードの購入を検討されている方は、ぜひHHKBキーボードを候補の一つとして検討してみてください。おすすめです。

created by Rinker
HHKB
¥34,850 (2022/12/01 08:53:51時点 Amazon調べ-詳細)

スマートチャンネルを閲覧いただきありがとうございました。

コメント