スポンサーリンク

HHKB HYBRID|WindowsとMacを併用するための3つの設定方法

雑貨・ガジェット
スポンサーリンク

今回は、私がHHKB HYBRIDキーボードで、WindowsとMacを併用するために行っている最低限の設定を3つ紹介します

HHKBキーボード背面のDIPスイッチはいじりません

HHKBキーボードのキー配列に素直に準拠し、WindowsでもMacでも違和感なく使用できることを目的とした最低限の設定内容です

HHKBでWindowsとMacを違和感なく使うための最低限の設定
  1. Macの英数・かなのキー配列をHHKBに割り当てる
  2. MacBookでControlとCommandを入れ替える
  3. HHKBキーボードのショートカットでWinモードとMacモードを切り替える

それでは、確認していきましょう

スポンサーリンク

英数・かなをワンタッチで変換するMac配列をHHKBに適用

MacBookユーザーにとっては当たり前ですが、スペースキーの両隣の「英数」キーと「かな」キーは、左右親指のワンタッチで英数・かなを切り替えられるのでとても便利です

このMacのキー配列をそのままHHKBキーボードに割り当てても、とくに問題はありません

ということで、キーマップ変更ツールで割り当てします

MacBook Air M2」と「HHKBE Professional HYBRID Type-s(日本語配列)」のキーボードの対応関係を示すとこんな感じです

Macの英数・かなキー配列をとHHKBキーボードに合わせる
Macの英数・かなキー配列をとHHKBキーボードに合わせる

キーマップ変更ツールでキーの割り当て

HHKBキーボードおなじみの「キーマップ変更ツール」を使って、スペースキーの左側のキーと右側のキーにそれぞれ「英数」と「かな」を割り当てるだけです

キーマップ変更ツールの画面で、以下のように、ドラッグアンドドロップで、ターゲットの場所にキーを割り当て、HHKBへ書き込みのアイコンをクリックすればOKです

HHKBキーマップ変更ツールで「英数」と「かな」キーをドラッグ&ドロップで割り当て

HHKBキーマップツールがエラーで起動できない場合

ちなみに、HHKBマップ変更ツールを利用するには、有線のUSBケーブルで接続が必要です

優先のUSB接続がエラーでできないといった場合は、こちらの記事をご参考ください

MacBookのControlとCommandを入れ替える設定

2つ目は、MacBookの設定でControlとCommandの場所を入れ替えるというものです

Windowsだと、コピー&ペーストなどのショートカットは、小指でControlキーを多用しますよね

このControlキーですが、HHKBもMacBookもキーボード左端の中段のポジションです

でも、Macのコピー&ペーストは、Controlキーではなく、Command(⌘)キーなので親指なんですよね・・・

ということで、MacのControlとCommandキーの位置を入れ替えてしまえば、WindowsもMacも小指を多用したショートカットに統一できます

実は、Macには、ControlとCommandキーを入れ替える設定画面が用意されているんですよね

この設定は、以下の記事を参考ください。とても簡単ですよ!

HHKBのショートカットでWinモードとMacモードの切替

3つ目は、WinモードとMacモードをHHKBのショートカットキーで簡単に切り替える方法です

背面のDIPスイッチ1を切り替えることなく、ショートカットキーで切替できるのは便利ですね

詳しくは、こちらの記事を参考ください

まとめ

HHKB HYBRIDは、Bluetooth接続なので簡単にデバイスを切り替えることができます

また、軽くてコンパクトなので、会社や外出先に持ち運んで利用できます

HHKB HYBRIDがあれば、異なるデバイスやOSであっても、何ら変わらずタイピングができる!

これが理想ですよね!

今後もシンプルで使いやすい設定を追求していこうと思います

created by Rinker
HHKB
¥34,850 (2022/12/01 08:53:51時点 Amazon調べ-詳細)

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました。

HHKB HYBRIDキーボードの魅力について記載したこちら「REALFORCEからHHKB HYBRIDに乗り換えた理由【比較レビュー】」も人気です。

HHKB HYBRIDに乗り換えた理由

コメント