スポンサーリンク

MacBook|ControlとCommandキーの変更方法【Mac初心者におすすめ】

Apple
スポンサーリンク

Windowsの操作に慣れていると、MacBookのキー配列が使いづらいと感じます

最も大きなギャップは「ControlとCommandキー」です

ControlまたはCommandキーは、コピー、切り取り、貼り付け、保存など、ショートカットキーを多用します

WindowsとMacでは、このショートカットキーを使う際の運指に大きなギャップがあります

WindowsとMacのコピペ運指のギャップ
  • Windowsのコピペ:「Control + C」「Control + V」なので、左手小指を多用
  • Macのコピペ:「Command + C」「Command+ V」なので、左手親指を多用

Macはこのギャップを解消する方法として、「ControlとCommandキーの配置を入れ替える機能」を標準で提供しています

ということで、今回は、この方法を紹介していきます

Windowsと同じようにMacBookを違和感なく利用できるようになりますよ

初めてMacBookを使う方などの参考になれば幸いです

スポンサーリンク

やりたいこと:ControlとCommandキーの配置変更

こちらは「MacBook Air M2」のキーボードです

ControlキーとCommandキーの位置をこんな感じで入れ替えるのが目標です

早速、確認していきましょう

MacOSでControlとCommandのキー配置変更方法

システム環境設定 → キーボード → 修飾キーの順でクリックします

以下のように設定します。

  • Controlキーに ⌘ Commandキーを設定
  • CommandキーにControlキーを設定

以上で完了です

ちなみに、大人気のハイエンドキーボード「HHKBキーボードのControlキー」もキーボード左端の中盤なので、MacBookと同じ位置にあります

なので、上記で紹介した方法は、「HHKBキーボードでWindowsもMacも違和感なく操作できるようにする方法」でもあるんですよね

HHKBでMacもWindowsも違和感なく操作できるようになる

HHKBキーボードのControlは、MacBookと同様、ホームポジションの「Fキー」と「Jキー」と同じライン上にあります

ショートカットで小指を多用することを考えると、小指を少し伸ばせば届く位置にControlキーが配置されている設計は、とても合理的です

HHKBを接続して「ControlとCommandキーの配置変更」

ちなみに、MacBookにHHKBキーボードを接続して利用する場合、HHKBキーボードを選択して、さきほどと同じようにControlキーとCommandキーを変更する設定が必要です

まとめ

今回は、Macが標準で提供する「ControlとCommandキーの配置を入れ替える機能」を使用しました

これによって、WindowsでもMacでも同じように、違和感なくショートカットキーを使いこなせるようになります

また、HHKBを例として、MacBookに外部接続キーボードを接続する際も同様の設定が必要であることを確認しました

WindowsユーザーやHHKBユーザーの方は、ぜひ参考にしてみてください

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました

こちらの記事も人気です

コメント