スポンサーリンク

MacBook|アプリ削除で「ゴミ箱に入れることができません」の対処方法

スポンサーリンク

Mac OSにインストールしたAppを削除したいのに、「項目”◯◯”は開いているため、ゴミ箱に入れることができません。」といったエラーが表示され、削除できない場合があります

今回は、このエラーを解消し、問題なく目的のアプリを削除する方法を備忘録として残しつつ紹介します

私と同じように困った方の参考になれば幸いです

スポンサーリンク

アプリが動作中で削除できないエラーが表示される

目的のアプリを削除したい場合、Finderでアプリケーションの項目をクリックし、削除したいアプリを選択して、右クリック「ゴミ箱に入れる」という流れですよね

でも、削除したいアプリケーションが意図せず開いていたり、バックグラウンドで動作していたりするせいで、「項目◯◯は開いているため、ゴミ箱に入れることができません。」といったエラーが現れる場合があります

そのような場合は、Windows タスクマネージャーに相当するMac OSの「アクティビティモニター」を開いて、該当のアプリを選択し、プロセスを強制終了することができます

それでは、そのやり方をみていきましょう

MacOSのアクティビティモニターを開く

アクティビティモニタは、Finderでアプリケーションをクリックし、「ユーティリティ」フォルダをクリックすると見つかります

削除したいアプリを選択し、プロセスを強制終了

アクティビティモニタの右上のメモリタブをクリックし、リストの中から削除したい動作中のアプリを選択し、クリックします

終了ボタンをクリックします

強制終了ボタンをクリックします

以上により、削除したいアプリケーションを停止して、正常に削除することができます

とても簡単でしたよね

スマートチャンネルを閲覧いただきありがとうございました

created by Rinker
¥756 (2022/11/30 18:29:14時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事も人気です

コメント