スポンサーリンク

Macの名前変更|MacBookを買ったら最初にすること【初期設定】

Apple
スポンサーリンク

MacBookを買ったら最初にやることを備忘録として整理します。

今回は、MacBookの名前変更です

MacBookやiPhone、iPadなどのApple製品を購入したばかりの時は、「◯◯のMacBook Air」や「◯◯のiPhone」など個人の名前がデバイス名として設定されています。

これは、セキュリティ上、よくありません。

なぜなら、例えば、カフェなどでApple製品を使っている時に、ネットワーク越しに、自分の名前が他人に見られてしまう可能性があります。

ということで、Apple製品を購入したら、必ずデバイス名を変更しておきましょう。

変更は、とても簡単ですよ。

スポンサーリンク

AirDropのセキュリティリスク

Apple製品には、AirDropのように写真や動画をデバイス間で簡単に共有できるような便利な仕組みがある反面、ネットワーク上に上記のような個人の名前を晒してしまうといったセキュリティ面のリスクがあります。

以下の手順で、MacBookのデバイス名を必ず変更しておきましょう。

システム環境設定からコンピューター名を変更

まずは、システム環境設定を開きます。

次に、「共有」をクリックします。

共有画面で、コンピュータ名をイニシャルやニックネームなど、ネットワーク上に晒しても問題のない名前に変更します。

以上で設定完了です!

とても簡単でしたね。その他にも、重要なセキュリティ対策があるので、別途、紹介します。

スマートチャンネルを閲覧いただきありがとうございました

こちらの記事もおすすめです。

Macbook Air M2 レビュー|美しい新色ミッドナイトが超おすすめ!
MacBook Air M2の魅力やスペック、新色ミッドナイトの美しい外観を写真付きで紹介しています。また、Microsoft SurfaceとMacBook Airのどちらを購入すべきかについて、操作性や親和性(iPhoneやiPadとAirDropやiCloud、Sidecarで連携できること)、資産性などの観点でメリットを整理しレビューしています。

コメント