スポンサーリンク

MacBook|スクショ画像をPNGからJPEGに変更する方法

MacBookでスクリーンショットをJPEGとして保存する方法 Apple
スポンサーリンク

MacBookで画面のスクリーンショットを撮ると「PNG」形式のファイルで保存されます

ただ、PNGファイルは高画質なので、ファイルサイズが大きいんですよね

私は、そもそもスクショに高画質を求めておらず、ブログでたくさんのスクショ画像を扱うので、ファイル形式は、軽量・コンパクトなJPEGファイルで十分と考えています

ということで、今回は、MacBookの画面スクショをJPEGファイルで保存する設定方法を紹介します

MacBookのプレビューアプリを使えば、PNG形式からJPEG形式にファイルを変換できますが、いちいち変換するのも面倒ですよね

私と同じように、MacBookでスクショ画像を大量に使って記事を書かれている方の参考になれば幸いです

それでは、さっそく確認していきましょう

スポンサーリンク

MacBookのターミナルでコマンド実行

「Finder」から「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル.app」の順でクリックします

ターミナルを開く

次のコマンドをコピーして、ターミナルの画面に貼り付けます

defaults write com.apple.screencapture type jpg
killall SystemUIServer

以下のように、コードを貼り付けた後、Enterキーを押下すればOKです

ちなみに、PNGに戻すには、先ほどのコマンドの「jpg」部分を「png」に修正して、実行すればOKです

defaults write com.apple.screencapture type png
killall SystemUIServer

それでは、MacBookでスクショを撮って、JPEGファイルで保存されるか確認してみましょう

ファイルの形式を確認する方法

ファイルの拡張子を確認する場合は、ファイルを選択した状態で「⌘Command + i」のショートカットキーを実行するとファイルの情報を確認できます

種類がJPEGになっていれば、成功です

ファイルの種類がJPEGになっていることを確認
ファイルの種類がJPEGになっていることを確認

ファイルの拡張子で確認する方法

ちなみに、ファイルの種類をファイルの末尾に表示することもできます

ファイルの拡張子を確認

ファイル拡張子といいますが、MacBookの初期設定では表示されないので、以下の記事を参考にしてください

まとめ

今回は、ターミナルでコマンドを実行して「PNGファイルからJPEGファイルに変更」しました

PNGに戻す場合は、コマンドのjpgをpngに変更するだけなので、とても簡単です

そのほかにも、bmp、gif、tif、pdfにも変換できますよ

ファイルサイズを抑えたい方は、JPEG形式での保存をぜひ試してみてください

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました

関連記事として、iPhoneで撮影したファイルをJPEGファイルとして保存する方法も紹介しています

コメント