スポンサーリンク

PETKIT給水器|水の汚れが気になったら給水ポンプ内部も洗ってみよう【分解方法・洗い方】

暮らし・雑貨
スポンサーリンク

猫用の給水器ですが、我が家ではPETKITの「PETKIT 給水器 3rd世代」と新しいモデルの「PETKIT 給水器 コードレス」の2タイプを使っています。

PETKIT給水器3rd世代とコードレスタイプ

このペットキットの給水器ですが、当初は、毎日水の交換と清掃を行っているのにも関わらず、水の汚れが次第に目立つようになり、どうすればよいのか悩んでいました。

原因は、給水ポンプ内部の汚れでした。

「給水ポンプの内部って洗えるの?」と思われる方も多いのでは?

ということで、今回は、この給水ポンプの洗い方を紹介します。PETKITの給水器の汚れが気になりだしたという方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプの洗い方

給水ポンプのコードの取り外し方法

新しいモデルの給水ポンプはコードレスですが、古いタイプの給水ポンプは、画像のように本体とコードで接続されています。

PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプ
PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプ

このコードですが、給水ポンプ側のコードと本体側のコードが接続されており、その部分がキャップで覆われています。まずは、このキャップをくるくると回して画像のように取り外します。

PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプのキャップ取り外し
PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプのキャップ取り外し

キャップが取れたら、本体側のコードを抑えつつ、給水ポンプ側のコードをぐいっと力強く引っこ抜いてください。画像のように、取り外すことができますよ。

コードは固く接続されているので、引っこ抜くには力がいりますよ

PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプのキャップ取り外し後
PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプのキャップ取り外し後

PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプのコードの取り外し方【動画】

動画も収録したので、分からない方はご参考ください。

PETKIT給水器3rd世代の給水ポンプのコードの取り外し方

コード取り外し後の給水ポンプは、こんな感じです。

コード取り外し後の給水ポンプ
コード取り外し後の給水ポンプ

給水ポンプのパーツ分解の手順

1つ目のパーツは、画像のように取り外しができます。このパーツはそれほど固くないので、指で掴んで取り外しができます。

給水ポンプのパーツ分解(外側の蓋)
給水ポンプのパーツ分解(外側の蓋)

2つ目のパーツは、給水ポンプのプロペラをカバーしている蓋です。これは手で掴んで取り外せないようであれば、ニッパーやピンセットなどを使って取り外しましょう。

給水ポンプのパーツ分解(内側の蓋とプロペラ)
給水ポンプのパーツ分解(内側の蓋とプロペラ)

そして、白いプロペラも引っこ抜くことができます。これも指でつかんで取り外すのは難しいので、ピンセットなどを使ってください。

給水ポンプのパーツ分解後
給水ポンプのパーツ分解後

あとは、それぞれのパーツをブラシや綿棒を使って、隅々まで水洗いすればOKです。

これで、水の汚れもなくなりますよ!

コードレスタイプの給水ポンプの洗い方

コードレスタイプの給水ポンプがこちらです。

コードレスタイプの給水ポンプ
コードレスタイプの給水ポンプ

この給水ポンプも構造は同じです。外側のパーツを外し、内部のプロペラを引っこ抜いて、ブラシや綿棒で隅々まで水洗いしましょう。

給水ポンプ内部の洗浄
給水ポンプ内部の洗浄

まとめ|週に1回程度は給水ポンプも洗ってみよう

今回は、「PETKIT 給水器 3rd世代」と新しいモデルの「PETKIT 給水器 コードレス」の2タイプの給水ポンプの洗い方を紹介しました。

PETKIT給水器の給水ポンプは、一見、分解できないように見えますが、外側の蓋、内部の蓋、プロペラと3つの部品も取り外して洗うことができます。

私は、水の交換と簡単な清掃を毎日行っていますが、今回紹介した給水ポンプの分解と洗浄は、週に1回程度のペースで行っています。

水の汚れがすっかりなくなりますよ!

給水ポンプの内部を洗ったことがない方は、ぜひ試してみてください。

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました。

PETKITの給水器に興味のある方、これから購入を予定されている方は、手間の少ないコードレスタイプ「PETKIT 給水器 コードレス」がおすすめです。

給水器のフィルターは、私はこちら「MyfatBOSS ペット給水器用 活性炭フィルター PETKIT」を使っています。PETKIT純正のものより安くて量も多いのでお買い得ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました