スポンサーリンク

iPadの手書き「ペーパーライクフィルム」もいいけど「NIMASOガラスフィルム」が超おすすめ!

iPad ガジェット
スポンサーリンク

今回は、iPadにおすすめのフィルムを紹介します。

iPadは、Apple Pencilを使って、手書きでメモやペイントを行える点が魅力ですよね!

iPadとApple Pencilを使った手書きには、「紙に書いているような書き心地になる」という「ペーパーライクフィルム」が大人気です。

私もiPad(第8世代)では「ペーパーライクフィルム」を使っています。紙のノートのように勉強がはかどりますよ。

でも、ペーパーライクフィルムは、若干、画面の鮮明さが失われてしまうというデメリットもあります。

ということで、今回は、「画面の鮮明さを保ちつつ、アップルペンシルの手書きの書き心地も良くする方法」を紹介します。

スポンサーリンク

ガラスフィルムとペン先のシリコン化

画面の鮮明さを保ちつつ、アップルペンシルの手書きの書き心地も良くするおすすめの方法は、「ガラスフィルムとペン先のシリコン化」です。

私は、iPad mini(第6世代)から「ガラスフィルム」にチェンジしました。ガラスフィルムでも「ペン先をシリコン」にすると、ぐんと書き心地がよくなりますよ。

ガラスフィルムは、鮮明さ、頑丈さで人気の「NIMASO ガラスフィルム」がおすすめです。

Apple Pencil用のシリコンカバー付きチップは「IFELI  tip」を使っています。低摩擦タイプと高摩擦タイプ、ペン先は白と黒があります。

私は、高摩擦タイプの黒を使ってます。ガラスフィルムであっても、ペン先が滑らないのでおすすめです。

追記:最近、さらにお気に入りのペン先が見つかりました。こちらの記事「Apple Pencil「エレコム交換ペン先」が書きやすくて超おすすめ!【レビュー】」もおすすめです。

NIMASOガラスフィルムのおすすめポイント

NIMASO ガラスフィルム ガイド枠付き」は、やや高いですが、相応の価値がありますよ。

NIMASOガラスフィルムのおすすめポイント
  • 表面硬度9Hと非常に高い硬度の持つ素材を採用
    • 日々の生活の中で発生しうるスリ傷からiPadの液晶画面を保護
    • 不注意で落下してもiPad本体をしっかりと守れる
  • 高耐久性撥油コーティング
    • 指紋や汚れが付きにくく、汚れが付着しても簡単に拭き取れる
    • 常に美しい画面と滑らかでよい操作が得られる
  • 高透過率 & 高感度タッチ
    • 超極薄の厚さで、何も貼っていないような感覚
    • 画面上の操作も違和感なくスムーズに行える

パッケージと内容物

NIMASO ガラスフィルム ガイド枠付き」は、フィルムとは思えないほど豪華なパッケージです。

NIMASOガラスフィルムのパッケージ
NIMASOガラスフィルムのパッケージ

内容物も至れり尽くせりです。

NIMASOガラスフィルムの内容物
NIMASOガラスフィルムの内容物
NIMASOガラスフィルムの内容物
  • 説明書
  • ガイド枠
  • ヘラ
  • アルコールペーパー
  • ホコリ取りシール

iPad画面にガラスフィルムを貼り付ける手順

丁寧な説明書、ガイド枠とヘラのおかげで、とても簡単に貼ることができます。

iPadにNIMASOガラスフィルムのガイド枠をはめ込んだ状態
iPadにNIMASOガラスフィルムのガイド枠をはめ込んだ状態
iPadにNIMASOガラスフィルムを貼り付ける手順
  1. アルコールペーパーとホコリ取りシールで、iPad画面を綺麗にします
  2. iPad mini 6にガイド枠をはめこみます
  3. NIMASOガラスフィルムをガイド枠にはめこみます
  4. ガイド枠にぴったりなフィルムをはがしながら、ヘラを使ってiPadに貼っていきます

ガラスフィルム装着後のiPad mini 6

ガラスフィルム装着後のiPad miniがこちらです。

NIMASOガラスフィルム装着後のiPad mini 6
NIMASOガラスフィルム装着後のiPad mini 6

ガラスフィルムは頑丈・鮮明なNIMASOがお勧め

iPad用のフィルムは、ペーパーライクフィルムが人気ですが、「NIMASO ガラスフィルム 」は、鮮明な画面を楽しめる点や強化ガラスなので、画面をしっかりと守ってくれるという点で安心感も得られます。

ガラスフィルムであっても、ペン先をシリコンに変えることで、書き心地もよくなりますよ!

気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました