スポンサーリンク

Logicool MX ANYWHERE|機能・デザインの洗練されたハイエンドマウス

雑貨・ガジェット
スポンサーリンク

当方、外資系コンサルティングファームに勤めております。マウスに関して、ちょっと変わった指導がありまして、入社時の研修において、「マウスは使うな」、「ショートカットキーを駆使しろ」と教わりました。

とにかく資料作成などのコンサルタントワークにおいて、スピードが重要視されており、マウスを使うと遅いということが理由のようです。ショートカットキーやトラックパッドも駆使しますが、マウスが便利な面もかなり多いでしょと思い、この指導を無視して前職から愛用しているマウスを使い続けています。

それが、Logicoolの「ANYWHERE 2S MX1600s」です。値段は10,000円超とお高いですが、シュッとしたスタイリッシュなデザインで、持ち運びもポケットにスッと入るし、簡単に接続デバイスを切り替えられる点が気に入っています。

スポンサーリンク

美しい流線型のデザイン

質感、色合いは、高級感があり、MacBook Airと並べてみても引けを取らず美しいです。

流線型のフォルムに愛着がわきます。手のおさまりもいい感じです。

機能面の特徴

Logicool ANYWHERE」のおすすめポイントは、以下の4つです。

  • マウスの反応が良い(ガラス面など、ほぼ全ての表面で精確にトラッキングできる)
  • マウスとデバイス間のペアリング接続が簡単に切り替えられる(EASY-SWITCH)
  • ワイヤレス・高速充電が便利(3分の充電で8時間、フル充電で2か月以上利用可)
  • コンピュータ間のコピペができる(Logicool FLOW)

デバイス間を横断してコピペできる

Logicool Flowは、同一ネットワーク内に存在するパソコンから別のパソコンへクラウド等を介さずファイルをコピぺできる機能です。無償ダウンロードのLogicool Optionの設定が必要です。

ペアリングするデバイスの切り替えが簡単

マウスの裏側のボタンを押すと、1→2→3と点灯する位置が変わります。

マウスと接続したいデバイスとのペアリングで、ボタンを長押しして、マウスに1つ目のデバイス、2つ目のデバイス、3つ目のデバイスと記憶させていきます。あとは、デバイスごとのボタンをクリックするだけで、マウスと接続するデバイスを簡単に切り替えできます。

私の場合は、「ANYWHERE 2S MX1600s」に社給PCとプライベートPC、iPadの3つのデバイスを登録して使っています。ボタンひとつで切り替えて利用できるのでとても重宝しています。気になった方は、ぜひ確認してみてください。

スマートチャンネルを閲覧いただきありがとうございました。

コメント