スポンサーリンク

英語サイトの検索方法|ブラウザで地域・言語設定をしよう!【Chromeプロファイル設定】

英語学習
スポンサーリンク

コンサルタント、ITエンジニアとして、これまで数多くの海外事例や技術調査をGoogleの検索エンジンを活用して行ってきました

当然、検索に用いるキーワードは英語です

でも、検索キーワードを英語で入力したとしても、ブラウザの言語設定地域設定英語United Statesなどに変更しておかないと日本のサイトが優先的にヒットしてしまうので非効率なんですよね

部下に海外の事例調査を依頼したところ、日本の設定のまま対応していたので、案外知らない人も多いかもしれませんね

とはいえ、英語用の設定と日本語用の設定を都度変更するのも大変です

ということで、今回は、英語サイトの調査・検索専用のブラウザ設定と通常の設定を切り替えて利用する方法を紹介します

英語を使って仕事をされているビジネスパースンの参考になれば幸いです

スポンサーリンク

Google Chromeの準備

ブラウザとして「Google Chrome」の活用が前提です

Google Chromeは、googleのアカウントがあれば、どのデバイスからでも同じ設定が利用できますよ

今回紹介する方法は、普段利用しているGoogleアカウントとは別に、「英語検索専用のユーザを追加」する方法です

英語学習者や英語で仕事をする人にとっては有用なので、ぜひ試してみてください

新しいChromeプロファイルの設定

Google Chromeの準備ができたら、早速、以下の手順で実施していきましょう

1.  Google Chromeブラウザ右上の自身のプロフィールアイコンをクリック

2. メニュー下部の「+追加」をクリック

3. 「新しいChromeプロファイルの設定」画面において、「アカウントなしで続行」をクリック

Chromeプロファイルの設定

4.好きなアカウント名を記載し、完了をクリック

私は『Search in English』というアカウント名で、テーマカラーも普段のブラウザとは異なる設定にしています

また、デスクトップショートカットを作成しておくと、英語専用のブラウザをすぐに起動できるので便利ですよ

新しいプロファイルでGoogle Chromeの起動

英語専用ブラウザを起動するショートカットをクリックすると、上記で設定したカラーテーマのブラウザが起動できます。右側が普段使いのブラウザです。

タスクバーに普段使いと英語検索専用のChromeをピン止めしておくと便利です

言語の設定

1. ブラウザ右上のアイコンからメニューを開き、設定をクリック

2. 詳細設定のプルダウンを開き、言語をクリック

3. 英語(アメリカ合衆国)のアイコンをクリック

4. トップに移動をクリック

5. 上記と同様の手順を「英語」にも実施。また、母国語以外のページで翻訳ツールを表示するをオフ

リージョンの設定

言語設定で英語の優先度を高めた状態で検索窓に英語のワードを入れて検索してみましょう。この段階では、以下のようにまだ日本語のサイトがヒットしてしまいます。なので、続けてリージョンの設定が必要です。

1. ページ右上の歯車アイコンをクリック

2. Quick SettingsのメニューからSee all settingsをクリック

3. ページを下にスクロールし、Region Settingsで「United States」を選択しSaveをクリック

英語のキーワードで検索すると、英語のサイトが表示!

以上の手順により、全て英語のサイトがヒットするようになりました

いかがでしたか。これで、仕事や英語学習がとても効率的になりますね

こちらの記事が参考になったという方は、シェアいただけると嬉しいです。スマートチャンネルを閲覧いただきありがとうございました

コメント