スポンサーリンク

Web表示の高速化方法|GoogleパブリックDNSサーバーを設定しよう【小技】

ハック・ナレッジ
スポンサーリンク

今回は、Googleなどが無料で公開しているDNSサーバーを使って、Web表示を高速化する方法を紹介します

そもそも、DNSサーバーって何なの?

という部分から説明していきます

スポンサーリンク

DNSサーバーとは

ブラウザーでURLを入力すると、裏側ではDNSサーバーを介してウェブページを表示しています

DNSサーバーの働きを簡単に説明すると、ウェブサイトの住所であるIPアドレスとドメインの紐付け管理です

インターネット上にある無数のウェブサイトは、インターネット上の住所としてIPアドレスで管理されています。例えば、グーグルの検索画面は、IPアドレスだと「172.217.175.238」です

ブラウザーのURL欄に上記のIPアドレスを入力すると、Googleの検索窓が表示されるよ

でも、このような数字の羅列だと人間にとっては分かりづらいですよね。なので、IPアドレスに1対1で対応する形で、「google.com」のようなドメインが割り当てられています

DNSサーバーは、このような「google.com」⇔「172.217.175.238」という対応関係を管理し、ドメイン名に対応するIPアドレスへの問い合わせ対応(正引き)やIPアドレスに対応するドメイン名への問い合わせ対応(逆引き)を担っています

DNSサーバーは、インターネット上のウェブサイトのIPアドレスとドメインを紐付けて管理し、正引き、逆引きに対応

  • 正引き:ドメイン名からIPアドレスの問い合わせに対応
  • 逆引き:IPアドレスからドメイン名の問い合わせに対応

ちなみに、このDNSサーバーですが、私たちは通常、加入プロバイダーが提供するDNSサーバーを利用しています。でも、こんな疑問がわきますよね

  • DNSサーバーを利用ってどういうこと?
  • DNSサーバーを意識したことないけど、設定したことあったっけ?

通常、わたしたちは、DNSサーバーを意識していません

なぜなら、インターネットに接続するPCやスマホなどのデバイスをWi-Fiルーターなどのネットワーク機器に接続する際に、利用するDNSサーバーも自動で設定しているケースがほとんどだからです

デバイスをネットワーク機器に接続する際に、DNSサーバーが自動で設定されています

「DNSサーバーを使って」という部分ですが、パソコンやスマホなどのデバイスのネットワーク設定の一部を変更するだけです

この自動設定のDNSサーバーには、通常、加入プロバイダーが提供するものが設定されます。ちなみに、このDNSサーバーが高速であれば、以降でご説明する設定は不要です

おすすめのパブリックDNSサーバー

パブリックDNSは、数多くありますが、著名な事業者で定評のあるサービスは以下です

サービス運営事業者IPアドレス(優先)IPアドレス(代替)
Google Public DNSGoogle8.8.8.88.8.4.4
Open DNSCisco Systems208.67.222.222208.67.220.220
1.1.1.1Cloud flare1.1.1.11.0.0.1
パブリックDNSの一覧

私は、高速で評判のGoogle Public DNSを設定しているよ

パブリックDNSを手動で設定する方法

それでは、PCやスマホのデバイスにパブリックDNSを設定する方法を解説していきます

MacでパブリックDNSを設定する方法

システム環境設定からネットワークをクリックします

お使いのネットワーク名が表示されていることを確認し、詳細ボタンをクリックします

DNSタブをクリックし、+ボタンをクリックして、DNSサーバー欄にパブリックDNSサーバーのIPアドレスを設定してOKをクリックします

iPhoneでパブリックDNSを設定する方法

設定からWi-Fiをクリックし、Wi-Fi設定画面を開きます

お使いのWi-Fiルーターをクリックします

「DNSを構成」をクリックします

手動を選択し、サーバを追加をクリックします

DNSサーバー欄にパブリックDNSサーバーのIPアドレスを設定すれば完了です

とても簡単でしたね!

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました

コメント