スポンサーリンク

Macの外付けHDDでファイル削除できない時の対処方法【ディスクユーティリティでフォーマット】

Apple
スポンサーリンク

MacBook Airのバックアップ先のハードディスクとして、Amazonでも高評価の「Transcend ポータブルHDD 2TB」を使用することにしました

このハードディスクは、これまでWindows PC(Microsoft Surface)と接続して、にゃんこの画像や動画保存用として使っていました

今回は、このハードディスクをMacbook Airのバックアップ用として使おうと思い、にゃんこ画像を退避しようと思ったのですが、Transcendのディスクからファイルが削除できない・・・

なんで?

スポンサーリンク

原因は、WindowsとMacのファイルシステムの違い

原因は、WindowsとMacのファイルシステムの違いでした

Transcendの購入初期状態は、「Windows NTファイルシステム(NTFS)」なので、これをMac OS用の「Mac OS拡張(ジャーナリング)」にフォーマットしなおす必要がありました

Mac ディスクユーティリティーでフォーマット!

ということで、早速、Mac用にフォーマットしました

手順は、以下のとおりとても簡単でした

  1. Control+Spaceキーのショートカットで、Spotlightを開きます
  2. Spotlightで「ディスク」と入力し、リストに表示される「ディスクユーティリティ.app」を開く
  3. 外部で「Transcend」を選択
  4. 右上メニューの「消去」をクリック
ディスクユーティリティでWindows NTファイルシステムのフォーマット消去

この次の画面のプルダウンで「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択し、実行すればOKです

これで、無事にMacbook Airのバックアップ用としてファイルを書き込みができるようになりました

私と同じように、つまづいた方の参考になれば幸いです

すまーとちゃんねるを閲覧いただきありがとうございました。

コメント